人材派遣労働は働き方をよく考える!スマートな派遣ワーク

スーツの男性

人材派遣業はいろいろと規制がある

人材派遣というのは、基本的には人材を登録します。そして初めて、派遣できる先を見つけて、紹介してもらうことができるようになります。人材派遣で前提として知っておくことは、雇われているのは派遣元、ということになります。但し、いつくかのパターンがあるやり方であり、人材派遣会社の正規雇用となっていることもありますし、派遣先に雇用されることを前提に派遣されることもあります。そのあたりはやや特殊の派遣としてあるのですが、一般的には何ヶ月、何年という区切りで派遣されることになる一般派遣になります。とにかく派遣というのは形態としては意外と多くありますから、どんな風に働くのか、ということを意識してから決めるようにするとよいでしょう。ちなみに職種によってはそもそも派遣ができない、ということもありますから、この点はよく理解しておきましょう。派遣をする仕事としては相応しくない、とされていることがいくつかあるのです。例えば代表的なものとしては警備業があります。これは警備がそもそも派遣に近いということもありますから、二重派遣の禁止ということもあり、これが全面的に禁止されています。他の禁止されている業種ではいくつかの例外があったりすのですが、これにはまったくないのです。

港湾業務と派遣社員

一昔前、人材派遣を題材としたテレビドラマが話題になったように、現在、派遣社員と言う働き方が増えています。ハローワーク求人を見ると、ほとんどの職種で人材派遣社員が認められています。
しかし、人材派遣で紹介される職種の中には派遣が禁止されている職種もあります。特殊な技能を必要とする職種が多いです。例えば、港湾業務は、派遣社員で働く事が禁止されています。なぜなら、港湾業務はクレーンなどを使う危険業務であるからです。危険業務であれば、その資格をもっている派遣社員もやって良いような気もします。
しかし、資格を持っているだけでは、実際に経験の浅い人がクレーンを扱って怪我をすることもあり得ます。また、派遣社員は、現場が次々に変わる可能性が高いため、実際に仕事をする現場には慣れていません。慣れていないために事故が起こる可能性もあります。この点習熟している正社員なら事故が起こる可能性も少なくなります。
港湾業務で派遣社員が禁止されている理由としては、もうひとつの理由が、手配師が派遣社員と派遣先の間を仲介し暴利をあげることを防止するためです。かつて港湾業務は手配師により暴利をとられ派遣社員が実際に働いても、ピンはねされ、辛い思いをしていました。

派遣のメリットとデメリットについて

人材派遣は、働く側にとっても、雇われる側にとってもメリットのある制度です。まず、働く側のメリットとしては、短期間の間に様々な職場を経験することができるため、スキルアップにつながると言うことです。雇う側のメリットとしては、すぐに人材が手にはいることです。資格が必要な仕事であっても、場合によっては、運よく資格をもっている人が見つかる可能性があります。労働力人口が減っている中でどの企業も人材の確保が難しくなっています。このような状況の時こそ、すぐに雇えて即戦力として働くことの出来る派遣社員を雇うことは非常に便利です。ただし、人材派遣は企業にとって必ずしもメリットを与えることだけではありません。企業には、会社内で守らなければならない秘密と言うのがどの企業にも存在します。いわゆる社外秘と言うものです。知り合いの勤めている企業では、派遣社員に社外秘を漏らされ、ライバル会社にノウハウが漏洩しました。そのため、社外秘を漏らされた企業は大きな損害を受けました。
派遣社員は、短期間のうちに企業を変えて働きます。今まで人材派遣されていた企業や派遣会社から社外秘を漏らさないように言われますが、漏らしてしまう可能性もあります。これが派遣のデメリットです。

Contents

腕組み

人材派遣業と人材紹介業の違いに関する事

人材派遣業と人材紹介業とても似た言葉ですが、持つ意味は全く異なっています。どのように異なっているのでしょうか?雇用…

more
伸びをする男性

人材派遣会社を利用する人が増加しています

新聞やネットのニュースで、仕事を探し求めている人の割合、という言葉を聞いたことがあると思われます。これは求人倍率の…

more
ガッツポーズ

人材派遣と人材紹介はどう違うのか

就職あるいは転職を希望している時に職を探す手段は数多くありますが、その中でも人材派遣や人材紹介と言った言葉をよく耳…

more

Post List

TOP